●物流
物流分野は、わが社では特に長年携わってきた分野で過去から現在への物流の変遷による ノウハウ、最新機能の物流システム等色々手がけてきました。これからも尚、物流分野は進化 していくものと思われます。 お客様とともにこれからの時代を手をとりあって開発し続けていきたい、と思っております。

多様化する物流センター
物流センターの業務はライフスタイルの変化とともに少量多品種納品、ジャストイン配送 リードタイム短縮、EDI対応、納品精度の向上、商品と情報の一元管理、カテゴリー別納品、 店舗側ノー検品など多くの要求が求められています。 これらの要求を満たすため当社では今までの経験をいかし、これら物流センターシステムの ソフトウェア開発を行っています。


配送センター在庫管理システム
・商品特性にあわせたロケーション在庫管理機能
・充実した鮮度管理機能
・マテハンシステムと柔軟に連結
・在庫と情報、指示と作業を一元化
などの機能を持ち、在庫削減、物流コスト削減、
少量多品種納品、作業効率の向上を実現していく
システムです。

在庫管理システム(立体自動倉庫)
自動倉庫は在庫を固定棚に格納する倉庫で、高層
ラックにパレタイズ貨物(パレットに載せた貨物)
を出し入れするスタッカー・クレーンと入出庫用の
搬送装置、それらを制御するコンピュータで構成さ
れ、以下のメリットを生かし、「物流コスト削減」や
「物流品質向上」を実現するシステムです。

・機械化・自動化による省力化が図れる。
・先入先出し、温度/鮮度管理など高機能な
 入出庫管理が可能。
・作業環境の安全化が図れる。
・多品種の在庫をスペース効率よく保管管理できる。
※:写真・図は 株式会社ダイフク 様より提供して頂いております。